サービス・メンテナンス

タイヤ交換

タイヤの溝の役割って?

タイヤの溝には以下の4つの役割があり、摩耗するとその効果は減少します。

  • 制動力・牽引力の増加
  • 操縦性・安全性の向上
  • 放熱効果を高める
  • 排水効果を高める
制動距離比較

タイヤを長持ちさせるポイントは

空気圧

タイヤの空気圧の過不足は、タイヤトレッド部の変形やたわみを発生させ、早期摩耗や異常摩耗の原因となります。 また、乗り心地や燃費にも影響します。タイヤ空気圧は、タイヤに異常がなくても徐々に低下していくため、 定期的に空気圧の点検・調整をすることがポイントとなります。

タイヤローテーション

一般的な車両は、エンジンなどがフロントにあるため、前輪にかかる荷重が大きく、 また旋回時には遠心力が加わり、制動時には制動負担が大きく加わるなど厳しい使用条件下にあり、 後輪に比べ摩耗は早くなります。特に旋回時は、タイヤの変形が大きくショルダー部の摩耗も大きくなります。 FF車では上記に加え、駆動力を路面に伝える働きもしているため、FR車に比べ一層摩耗が早くなります。

それでもタイヤが磨耗してしまったら!

タイヤ選びの目安

市販のタイヤには高性能タイヤ、ハイグリップタイヤ、標準タイヤ、ミニバン・RV専用タイヤなど、 ユーザーが好みに応じて選択できるように、さまざまな種類があります。各タイヤにはその種類に 応じてメリット・デメリットがあり、下の表は主なタイヤ性能について、おおまかに分類してあります。

タイヤ
種類
高性能 ハイグリップ 標準 専用(ミニバン・RV)
グリップ
Dry
◎ ◎ ○ ○
グリップ
Wet
◎ ◎ ○ ○
ノイズ ◎ △ ○ ○
耐摩
耗性
◎ △ ○ ◎ショルダー部
居住性 ◎ △ ○ ○
ココがポイント

こんな症状が出たら危険!チェックしましょう。

こんな症状が出たら危険!イメージ
タイヤ交換するならネッツトヨタ東海へGO!!
サービス・メンテナンスへ戻る

店舗案内・検索

店舗リスト一覧 地図から探す

目的別メニュー

  • 新着情報を見る
  • 店舗を探す
  • 試乗する
  • 新車を購入する
  • 中古車を購入する
  • メンテナンスを受ける